あちょのハンドメイド日和

刺し子と染織を紹介と作り方をまとめています。

【雪花絞り】染織の絞り技法(その5)模様の考え方

f:id:tyokoripi:20200620170935j:plain



雪花絞り技法(その5)模様の考えかた

染織方法の雪花染めをパターンを変えて実験。

 

染織方法の雪花絞りは3パターンを覚えれば、応用が利ききます。

上手く染められないと悩んでいるポイントを押さえてみました。

 

今回は染め方を大きく分けて3つになります。

 

 上の写真にありますが、この模様が作れるようになりますよ。

 

ポイント

下地とばいせんを行う。

・アイロンがけをしっかり行う。

・濃度は布を浸ける前に、爪楊枝・ティッシュなどで染液の濃度を確認

・浸ける時間を40~60分

 (浸食具体を大きくするため)

・締め付ける強さはほどほどに

 (強いと模様が線だけになるから)

・液から出した後は40分置く

・湿度によって浸食具合が変化します。

 (例:湿度が高いと浸食が遅い)

 

 全部重要ですが、頑張った分は綺麗な模様になります。

 

模様パターンその1

 最初の紹介はこちらの模様

f:id:tyokoripi:20200620173750j:plain

f:id:tyokoripi:20200620173905j:plain

赤線:液に浸す部分

緑線:染みてくる部分

 

三角形の頂点部分に白い部分が少し残るように染めます。

液に浸す部分を増減し、浸ける時間を変えると模様が変わります。

 

紫色にしたかったので、青と赤を混ぜてみました。

f:id:tyokoripi:20200620174504j:plain

分かりにくいですが、色が変化しました。

絵具で色を作ったのを思い出しますね。

f:id:tyokoripi:20200620174608j:plain

浸けたあとは浮力の関係で浮いてきたので、重しを載せました。

50分間液に浸けて模様を作ります。

湿度が高いときは60分にしたりと変更するといいです。

f:id:tyokoripi:20200620174753j:plain

実際の感じです。

外側がしっかり染まっても、内側が染まっていない場合があります。

 

取り出したあとは40分放置します。

f:id:tyokoripi:20200620174945j:plain

 

板を外す前に、万力で絞ります。

水がかなり出ますが、もし出ない場合は縛りすぎている可能性があります。

その場合は、模様が線だけの場合がありました。

 

 

板を外す瞬間はドキドキしますね。

しっかりと中まで染まっているのが分かります。

f:id:tyokoripi:20200620175454j:plain

中性洗剤で洗い・水洗いが完了したら

色止め剤に40分つけます。

 

20分経過したらひっくり反して全体に馴染ませましょう。

f:id:tyokoripi:20200620175609j:plain

 

乾かしたらこのような模様となります。

板のそばは圧力が違うので少し模様が違います。

そもそも全部同じ模様は難易度が高いですね。

f:id:tyokoripi:20200620192531j:plain

模様パターンその2

続いて紹介するのがこちら

2回に分けて染める方法です。

f:id:tyokoripi:20200620175909j:plain

 

そめる方法は次の通りです。

少しアレンジを加えていますが、そちらもきちんと紹介しますね。

f:id:tyokoripi:20200620180033j:plain

f:id:tyokoripi:20200620180118j:plain

使う染料はこちら

何度か使いましたが、本当にエメラルド色が作れます。

f:id:tyokoripi:20200620180405j:plain

 

まずは底を染めます、パターン1の液量を減らす考えになります。
爪楊枝で色をチェック

f:id:tyokoripi:20200620180536j:plain

実は板をわざと小さくして、染まりやすいようにしています。

更に液量は染める分だけ入れているので、必要以上に染まらない工夫をしました。

 

底辺部分はゴムの力を2倍にして、内部に浸透しないようにしました。

f:id:tyokoripi:20200620180636j:plain

こちら液が1分も経過せずに空になったため

逆さにして40分放置しました。

(逆さにしないでも大丈夫です。)

f:id:tyokoripi:20200620180911j:plain

絞って水けを取り、頂点を染めます。

色はパターン1の紫色を使いました。

これは5分ほど手で押さえてやりました。

 

染めたあとは、頂点を上にして40分放置しました。

f:id:tyokoripi:20200620181219j:plain

 

板を外してみます。

5分だと浸ける時間が短かいと染み込みも少ないのが分かります。

 

でもしっかりと花になりますよ(^_-)-☆

f:id:tyokoripi:20200620181347j:plain

中性洗剤⇒洗う⇒色止め剤をします。

この時点で模様が分かりますが、乾くと模様がしっかりとします。

f:id:tyokoripi:20200620181531j:plain

 

完成しました。

大正ロマン風になりました。

f:id:tyokoripi:20200620192555j:plain



模様パターンその3

f:id:tyokoripi:20200620182237j:plain

最後のパターンです。

パターン2の染める順番と染める割合を逆にしたイメージです。

 

一番時間をかけています。

f:id:tyokoripi:20200620182100j:plain

f:id:tyokoripi:20200620182127j:plain

使う色はこちらの2色

f:id:tyokoripi:20200620182336j:plain

 

初めは吊るして浸けようとしましたが、置いたら絶妙なバランスで立っていました。

板から出ているタボがバランスをとっています。

 

まずは50分液に浸けます。

湿度が60%くらいなので、適度に染み込んだ感じがしました。

f:id:tyokoripi:20200620182446j:plain

 

取り出し後40分放置します。

残り時間5分ほどで万力で絞ります。

 

次は別色の液に浸けます。

線を細くしたかったので、液に浸ける時間は20分にしました。

f:id:tyokoripi:20200620182907j:plain

 

染織液から取り出した後は40分放置します。

黄色の液は薄かったんですが、しっかりと染まっていますね。

f:id:tyokoripi:20200620183030j:plain

 

最初にどきどきする板外しです。

藍染のときは水中で板を外しましたが、今回使っている染料は酸化反応もないので

あんまり気にしなくて良さそうです。

 

そしてジャジャーン(効果音)

f:id:tyokoripi:20200620183314j:plain

 

見事に染まりました。

黄色部分の線も予想通り細い感じになっています。

 

最後に中性洗剤⇒洗い⇒色止めをしましょう。

 

乾いたら完成です。

頑張ったかいもあり、綺麗に染まったと思います。

f:id:tyokoripi:20200620192613j:plain



 

まとめ

雪花絞りの模様は数多くありますが、今回の3つのパターンを覚えれば、対応可能かと思います。

 

板のそばは圧力の違いか模様が微妙に変わります。

全部を均一に染めるのが難しいですが、対策として

 

①布を長めにし、完成後に端を切断する。

②板と布に間に柔らかいものを挟む。

 

これらが考えられます。

もったいないので②がいいですね。

いらないお歳暮タオルでも挟んでみたいと思います。

 

みなさんも理想の模様を作ってみてください。

もし、欲しい人は私のメルカリサイトでも販売しております。