あちょのハンドメイド日和

刺し子と染織を紹介と作り方をまとめています。

【植物染め】サトウキビ(ウージ)染めのやり方

f:id:tyokoripi:20210523185117j:plain

サトウキビの葉の染め方を紹介

 

草木染のさとうきび染めを紹介します。

沖縄ではウージ染めと呼ばれた染め方とは知っていましたが、葉っぱがどこにも売っていないため入手方法には困りました。

結論ですが個人に依頼するのが早かったです。

ネットで調べるとサトウキビ関係を販売している方々がいるので、問い合わせメールで教えてもらいました。

「動物のエサにするんですか」と質問されましたが、個人で染める人はなかなかいないですよね・・・

 

ちなみにメルカリで購入しました。

細かい注文に対応して頂き本当にありがとうございます。

 

ウージ染はサトウキビの葉から染めますが、使える時期が決まっています。 

 【時期】5月~6月
【条件】根本に近い側の葉だと緑色

 

以前12月頃に挑戦しましたが、全然色が出なくて失敗しました。 

 

 

用意する道具

用意する道具です

・さとうきびの葉

・ネット

・鍋

・銅媒染

・染める物(今回は糸を使用)

手順

購入したサトウキビの葉です。

f:id:tyokoripi:20210523181554j:plain

綺麗な状態で送って頂きました。

これをそのまま煮込むと液の抽出に時間がかかるため、細かくします。

f:id:tyokoripi:20210523181651j:plain

ハサミだけでも大丈夫です。

私は更に時間短縮をしたいので、ミキサーで細かくしました。

染色専用のミキサーにしています。

 

このぐらい細かくしました。

餃子を作っている気分になりました。

f:id:tyokoripi:20210523181826j:plain

これを用意したネットに入れます。

細かいので目が細かいネットを用意するといいです。

写真のネットのほかにもう1つ使い、二重にしています。

f:id:tyokoripi:20210523181936j:plain

三つほど作成しました。

これを煮込みます。

f:id:tyokoripi:20210523182029j:plain

銅媒染の液を加えた鍋で煮込みます。

銅媒染の濃度が濃いと緑色寄りになります。

f:id:tyokoripi:20210523182101j:plain

60分ほど弱火で煮込んだ状態です。

良い感じに緑色が抽出出来ています。

f:id:tyokoripi:20210523182233j:plain

火を止めて染める物を入れます。

今回は糸を入れて60分ほど放置しました。

なかなかいい緑色となりました。

f:id:tyokoripi:20210523182415j:plain

こちらが洗った状態です。

色が落ちてしまいましたが、直接緑色になるのはいいですね。

繰り返すと更に濃くなります。

 

この状態で絞ると何故か黄色くなります。

一応緑色に見えなくもない状態です。

f:id:tyokoripi:20210523182731j:plain

 

次の写真は銅媒染の濃度を少し上げて、絞らない状態で乾かします。

そして洗うと綺麗な緑色になりました。

 

やっとウージ色が出せました。

長い道のりでした(´;ω;`)ウゥゥ

f:id:tyokoripi:20210602203114j:plain

 

 こちらはさらしを染めたものです。

3回ほど繰り返しましたが、綺麗なエメラルドグリーン色に染まりました。

f:id:tyokoripi:20210525200239j:plain

桜の枝と同じで限られた時期にしか染められませんが、定期的に染めてみたいと思います。

 

落ち着いた感じの緑色に癒されますね。



こちらの商品はメルカリで販売させて頂いております。

 

自分で挑戦したい方はこちらの銅媒染液を使用してください。