あちょのハンドメイド日和

刺し子と染織を紹介と作り方をまとめています。

【草木染】 えんじゅ・ログウッド・あかねを混ぜて作れる色

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tyokoripi/20210418/20210418204559.jpg

草木染を混ぜる

草木染めは単体を基本としていましたが、複数混ぜてみたらどうなるか?

ふとそんな疑問から初めてみました。

 

過去に藍染と染めた実績はありましたが、手持ちの草木染材料が増えたので色々と試してみました。

 

今回は普段使用している中で使用頻度が高いものを選びました。

 

・インド茜(赤色系)

・ログウッド(青色系)

・えんじゅ(黄色)

 

 

 更にアルミ媒染・銅媒染・鉄媒染をするため、3種類×3媒染=9種類あります。

 

参考に単色で染めたブログもあるのでリンクを紹介しておきます。

 

www.handmade-atyo.jp

  

草木染めの実験

私が使用している藍熊染料を使用します。

左からえんじゅ・インド茜・ロッグウッドです。

f:id:tyokoripi:20210418205829j:plain

それぞれ10gずつ使用するので、分量は半々の割合としました。

 

 

えんじゅ+ロッグウッド

最初に実施したのはロッグウッド(青系)とえんじゅを混ぜてみました。

f:id:tyokoripi:20210418210053j:plain

これをお湯で煮込みます。

事前に布を媒染液に浸けていないので、ここで媒染は入れません。

f:id:tyokoripi:20210418210140j:plain

ここに作成した液を注ぎます。

f:id:tyokoripi:20210418210333j:plain

布から染み出した媒染液と染料が混ぜ合い、色が変化しました。

f:id:tyokoripi:20210418210403j:plain

左からアルミ媒染・銅媒染・鉄媒染となります。

(上の紙コップと配置が違います、すみません)

f:id:tyokoripi:20210418210637j:plain

見事な黒系となりました。

混ぜるだけでこんなに変化するとはビックリです。

 

えんじゅ+インド茜

次はえんじゅとインド茜を同じように煮込みます。

f:id:tyokoripi:20210418210922j:plain

f:id:tyokoripi:20210420185119j:plain

順番は逆になります。

写真の文字を参考にしてください。

左からアルミ媒染・銅媒染・鉄媒染となります。

f:id:tyokoripi:20210418211112j:plain

インド茜+ロッグウッド

 

f:id:tyokoripi:20210418211647j:plain

f:id:tyokoripi:20210418211616j:plain

 

左からアルミ媒染・銅媒染・鉄媒染となります。

黒色系に染まりました。

f:id:tyokoripi:20210418214042j:plain

 

えんじゅ+ログウッド+インド茜

3種類混ぜてみました。

豪勢な染め方です。

f:id:tyokoripi:20210418214714j:plain

f:id:tyokoripi:20210418214539j:plain

3種類混ぜた色です。

面白いのは、2色で染めたものより黒色が薄くなるのが不思議でした。

f:id:tyokoripi:20210418214640j:plain

えんじゅ+カリヤス

今回の題材とは別に染めてみました。

同じ黄色系ですが、このようになります。

 

f:id:tyokoripi:20210418220143j:plain

こちらも一緒に煮込みます。

f:id:tyokoripi:20210418220152j:plain

煮込んだ液を媒染ごとに入れます。

f:id:tyokoripi:20210418220203j:plain

左からアルミ媒染・銅媒染・鉄媒染となります。

単色染めと比較すると微妙に変化しました。
f:id:tyokoripi:20210418220121j:plain

まとめ

草木染めは単体を基本としていましたが、複数混ぜてみたらどうなるか?

草木染めの染料を混ぜると新しい色を作成することが出来ます。

 

今回は1対1のバランスで混ぜましたが、分量を変えると細かい調整も可能です。

 

最後に糸を染めたものを載せておきます。

個人的な感想ですが、綺麗でつい眺めてしまいました。

 

推測ですが、単色に比べると微妙なグラデーションが入っているような気がします。
草木染をやっていて良かったと感じた瞬間でした。

注意点ですが、パウチは絞った状態で写真撮影をしています。

水洗いをすると薄まるため、パウチ色にする場合は重ね染め等の工夫が必要となります。

 

それでは紹介します。

 

ログウッドとインド茜 (アルミ媒染)

f:id:tyokoripi:20210418215734j:plain

ログウッドとえんじゅ(アルミ媒染)

f:id:tyokoripi:20210418215820j:plain

ログウッドとえんじゅとインド茜(鉄媒染)

f:id:tyokoripi:20210418215909j:plain

ログウッドとえんじゅとインド茜(アルミ媒染)

f:id:tyokoripi:20210418215929j:plain

カリヤス・えんじゅ(アルミ媒染)

f:id:tyokoripi:20210418215952j:plain


 草木染を混ぜる人は少ないと思いますが、混ぜる楽しさが少しでも伝われば幸いです。

 

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

 

染めた糸などの販売もしております。

参考にリンクを載せさせて頂きます。

 

あちょの作品販売先