あちょのハンドメイド日和

刺し子と染織を紹介と作り方をまとめています。

【群雲絞り技法】藍染・インド茜でシャツの染め方

f:id:tyokoripi:20200810200137j:plain

群雲技法でシャツを染める

群雲技法を覚えたので応用で違うものを染めてみたくなりました。

 

決めたのが、夏場によく着るTシャツ

 

 夏用の涼しいシャツと普通の厚みのシャツの2種類で染めてみました。

 

雪花技法では出来ませんが、嵐技法と群雲技法はこのあたりの応用が効くのがいいですね。

 

手順を紹介

道具についてはこちらのブログを参照してください。

 

www.handmade-atyo.jp

 

いきなりですが絞った後の写真です。

意外と簡単に圧縮できました。

f:id:tyokoripi:20200801222822j:plain

途中の写真はありませんが、5分×3回浸けてみました。

なかなかいい模様が出来ました。

f:id:tyokoripi:20200801222922j:plain

こちらが完成品です。

f:id:tyokoripi:20200801223020j:plain

続いて5分×2回のパターンです。

いきなりですが、完成品です。

縦じま模様にしてみました。

f:id:tyokoripi:20200801223112j:plain

こちらは秋に備えての7部袖です。
袖があっても問題なく染められました。

f:id:tyokoripi:20200830165632j:plain

 

シャツを染めるのは面白いです。

続いてインド茜・藍染を組み合わせてみました。

 

まずはシャツの先端をインド茜で染めます。

f:id:tyokoripi:20200801223239j:plain

棒に巻き付けます。

f:id:tyokoripi:20200801223308j:plain

圧縮(^_-)-☆

f:id:tyokoripi:20200801223328j:plain

そして浸けます。

なんだか美味しそうです。(実際は臭いです)

f:id:tyokoripi:20200801223346j:plain

これを3回繰り返します。

f:id:tyokoripi:20200801223429j:plain

外します。

f:id:tyokoripi:20200801223506j:plain

乾かして完成

f:id:tyokoripi:20200801223558j:plain

続いてもう一枚を染めました。

次は3分の1ずつずらして染めてみました。

f:id:tyokoripi:20200801223726j:plain

f:id:tyokoripi:20200801223734j:plain

染めた後の様子

f:id:tyokoripi:20200801223754j:plain

そして完成品です。

シャツに鳳凰(フェニックス)のような模様が出来たのがいいですね。

 

こういう偶然の産物が出来ると嬉しいですね。

f:id:tyokoripi:20200801223806j:plain

まとめ

ご視聴ありがとうございました。

まとめというほどではないですが、群雲技法はシャツくらいであれば染めることが可能です。

 

こちらのシャツはメルカリでも販売しております。

 

売り切れていたら申し訳ありません。

もし売れた場合は似たような柄を再度作る予定です。